本文へ移動

アラブ首長国連邦より

駐在員 千代谷重信

中東事務所(ドバイ首長国)

事務所付近のBurj Khalifaにて
中東事務所所属の千代谷と申します。
当事務所の歴史は、1980年にドバイ首長国に設立されました。ドバイのみならず、サウジアラビアを除く、中近東地域を幅広く担当しております。
私共の仕事内容は、日本の電気製品を輸出することです。その中で、駐在員の大まかな任務は、現地顧客へのフォロー調整、情報収集、事務所運営と言ったことがあげられます。
また、新型コロナのパンデミックの中、海外での生活に不安を抱く方もおられるかもわかりませんが、日本の会社、同僚からの支援により、何一つ不安のない仕事、私生活を送っております。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

ドバイでも大人気の日本車

2021-11-25
2021-11-24
UAEのお酒事情
UAEでも酒屋があり、お酒を購入することができます。
各首長国でレギュレーションは異なり、
例えば、ドバイでは購入にライセンスが必要です。
日本の酒屋より様々な種類の酒が販売されており、
ドバイ万博限定の白酒まで存在します。

オマーン料理

2021-11-22
オマーンの伝統料理。
アラブ、ペルシャ、インドが混ざり合ったような料理で、非常に面白くあり美味しくもある。

文化交わるオマーンの地

2021-11-21
マスカットの東端、天然の良港を有するMutrah地区。ペルシャの影響を受けたような建築や、港の目の前に広がるバーザールが、かつての海上交易での賑わいを彷彿とさせる。アラブだけでなく、インド、イランから舶来した品物を並べる商店が今でも建ち並ぶ。オマーンは多種多様な文化の交流が見られ、実に面白い。
バーザールと言えば、内陸や、港の近くでも少し奥まった場所に位置する印象があるが、ここまで海の目の前にあるバーザールを見たのは初めてで感動した。
船で運ばれてきた、人、物、文化がバーザールで混じり合う当時の風景を想像するだけで延々と楽しめる。

オマーンの水産資源

2021-11-20
オマーンでは水産資源が豊富で、様々な魚介類が取られ、現地の人々もシーフードが大好物です。
写真は日本でもお馴染み、鯛、カンパチ、クエ、石持ちの仲間です。
非常に美味。

TOPへ戻る